2009年02月15日

ASUS Eee PC S101オデ設定_起動オプション編

□ 各種ログを作らないようにする
から。
コントロールパネルの中のシステムをダブルクリック。システムのプロパティが立ち上がる。詳細設定タブを選んで、起動と回復のボタンを押す。

起動時に一覧表示する時間を5秒。
システムエラーの3つのチェックポイントを全て外して、
デバッグ情報の書き込みを(なし)に設定する。

変更結果は再起動後の表示にもOKにして、
さらにOKすると、再起動をすぐにするかの確認があるので再起動する。
再起動後は、ようこその画面からデスクトップまでが5秒くらいで素早く移った。
成功ですな。

□ ディスクのインデックス書込みキャンセル
マイコンピュータの中のローカルディスク(C)はSSDだ。

これを選んで右クリック。プロパティを選んで全般タブの一番下の、インデックスを付け、ファイル検索を早くするのチェックを外す。(下のはチェックが入っている)

すると、すぐに下の確認が表示されるので、C:¥、およびサブフォルダと〜にチェックが入っているのを確認してOK。

するとなんかファイルが飛んで、

エラーのアラートが出てくるけど、すべて無視のボタンを押す。

これでSSDの負担が減るわけだ。

□ 自動デフラグキャンセル
さらにSSDを使わないようにXP標準の自動でデフラグする機能をキャンセルする。参考はコチラから。
ファイル名を指定して実行を選び、「regedit」と入力。OK。

レジストリエディタが起動して、HKEY_LOCAL_MACHINE→SOFTWARE→Microsoft  →Windows→CurrentVersion→OptimalLayout

「OptimalLayout」を右クリックして「新規」で新しいファイルができる。

名前を「EnableAutoLayout」にしてダブルクリック。

値のデータが「0」になってるのを確認してOK.で、再起動。

□ ファイル最終アクセス日付更新キャンセル
自動デフラグキャンセルと同様にレジストリエディタを使う。ルートは、HKEY_LOCAL_MACHINE→SYSTEM→CurrentControlSet→Control→FileSystem に新規で「NtfsDisableLastAccessUpdate」を作成し値のデータを「1」にする。

以上。

posted by オリリ at 04:10| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 物欲日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして!

S101を注文していろんな事を調べていたらオリリさんのブログにたどりつきました。

まだS101は手元には届いていませんが勉強させてもらっています。

早く到着しないかなぁー
Posted by ぱぴこ at 2009年03月08日 10:18
はじめまして、何もいぢらなくても結構使える可愛い奴です。楽しんでくださいね。
Posted by オリリ at 2009年03月10日 08:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114264682

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。